◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
プラズマ/液晶テレビにも、'09年4月からリサイクル料金
−ブラウン管テレビと同額。16V型以上が2,835円


2009年4月1日改定


 ブラウン管テレビや洗濯機など一部の家電製品を廃棄する際の料金などを定めた「リサイクル特定家庭用機器再商品化法」(家電リサイクル法)が2009年4月1日に改定。新たに、液晶テレビとプラズマテレビ、衣類乾燥機を対象品目に追加される。

 今回の対象品目追加は、2006年6月より開始された産業構造審議会と中央環境審議会の合同会合で提言されたもので、12月5日に政令が公布され、正式に有料化が決まった。

 法改正を受け、パナソニック株式会社は8日、これらの機器について生じるリサイクル料金を発表した。液晶/プラズマテレビのリサイクル料金は、現行のブラウン管テレビを対象とした料金と同じで、詳細は下表の通り。

品目 リサイクル料金
液晶/プラズマテレビ 16V型以上 2,835円
15V型以下
(V型に小数部分がある場合は、小数部分を 四捨五入)
1,785円
衣類乾燥機 2,520円


□経済産業省のホームページ
http://www.meti.go.jp/
□環境省のホームページ
http://www.env.go.jp/
□家電リサイクル法の説明ページ
http://www.meti.go.jp/policy/kaden_recycle/ekade00j.html
□パナソニックのホームページ
http://panasonic.co.jp/
□ニュースリリース(パナソニック)
http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn081208-1/jn081208-1.html
□関連記事
【2007年12月12日】家電リサイクル法、液晶/プラズマテレビも対象へ
−報告書まとまる。「前払方式」は見送り
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20071212/recycle.htm
【2007年9月3日】液晶/プラズマテレビも家電リサイクル法の対象に
−経済産業省と環境省が方針決定。自治体処理困難
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070903/recycle.htm
【8月8日】ソニーと東芝、ブラウン管TVのリサイクル料金を改定
−11月から松下、シャープ含む4社の料金は同額に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080808/recycle.htm
【8月7日】シャープ、ブラウン管TVなどのリサイクル料金を11月に改定
−15型以下が1,785円に。松下と同額の値下げ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080807/sharp2.htm
【8月4日】松下、ブラウン管TVのリサイクル料金を値下げ
−15型以下は2,835円から1,785円に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080804/pana2.htm

( 2008年12月8日 )

[AV Watch編集部/nakaba-a@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.