ニュース

アイ・オー、nasneからiVDR-Sへダビング可能なUSB 3.0接続のPC用アダプタ

 アイ・オー・データ機器は、カセットHDD「iVDR-S」のPC接続用アダプタ新モデルとして、USB 3.0対応で、nasneからのネットワークダビングやiVDR-S間の高速ムーブも可能な「RHDM-UT/TE」を6月下旬に発売する。価格は10,900円。ペガシスの動画編集ソフト「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」なども付属する。

RHDM-UT/TE
アダプタ2台とiVDR-S 2個を使ってパソコンで高速ダビングも可能

 日立のテレビ「Wooo」や日立マクセル「iVレコーダ」などで録画したiVDR-S内の番組を、USB接続したパソコンで再生できるアダプタ。USB 3.0に対応し、2台をパソコンにUSB 3.0ケーブルで接続すれば、iVDR-S間での高速ムーブも可能。1時間番組の場合約5分(約12倍速)でムーブできるという。従来モデルの「RHDM-US/EX」などとの相互ムーブも可能。その場合は、転送速度はUSB 2.0相当となる。WoooやiVレコーダが録画に使用した固有情報も合わせてムーブされるため、録画モードやチャプタ情報も保持する。

 付属ソフト「I-O DATA iVDR-S Media Server」のネットワークダウンロード機能を使用して、SCEのネットワークレコーダ「nasne」の録画済み番組をiVDR-Sにダビングすることも可能。また、DLNA/DTCP-IP対応レコーダからダビング/ムーブできる「ネットワークムーブイン」にも対応。東芝のテレビ「REGZA」で録画したテレビ番組や、アイ・オーの「RECBOX」に保存したスカパー! プレミアムサービスのハイビジョン番組もiVDR-Sにムーブできる。なお、スカパー! プレミアムサービスチューナからの直接録画には対応していない。

 また、iVDR-Sの録画番組をDLNA/DTCP-IP対応サーバーへムーブできる「ネットワークムーブアウト」も可能。iVDR-Sに録りためた録画番組を、同社製BDドライブ「BRP-UA6DM2」(14,600円)またはデジオン製ソフト「DiXiM BD Burner 2013」(通常版7,179円)を使ってBlu-ray Discへ保存することなどができる。

 DLNA再生対応のデジオン製PCソフト「DiXiM Digital TV 2013 iVDR Edition」もダウンロード提供。LAN内にある他のDLNA/DTCP-IP対応テレビやレコーダなどと連携できる。なお、同ソフトはDTCP+のリモート再生には対応しない。

 付属するビデオ編集ソフト「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」は、1フレーム単位のカット編集が可能。カット編集後の変換処理も必要最低限のエンコードのみ行なうスマートレンダリングにも対応する。CM候補検出機能も備える。

 パソコン用のデータストレージとしてiVDR-Sを使用することも可能。その場合の対応OSはWindows Vista/7/8/8.1とMac OS X 10.6〜10.9。録画番組のダビング/編集/再生に利用する場合の対応OSはWindowsのみ。

 外形寸法は91×136×18mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約80g。付属するマウンターは約105×145×40mm(同)、約210g。電源はUSBバスパワーを使用する。USBケーブル(70cm)が付属する。

(中林暁)