ニュース

紅葉の京都・叡山電鉄を4Kシネカメラで「叡電 もみじのトンネルへ」4K Ultra HD Blu-ray

 ビコムは、4K Ultra HD Blu-rayソフト「叡電 もみじのトンネルへ【4K HDR】」を3月21日に発売する。品番はVUB-5802。価格は6,000円。

叡電 もみじのトンネルへ【4K HDR】

 紅葉に染まる京都。鞍馬寺や貴船神社など、多くの寺社が集まる洛北や、もみじのトンネルを走る叡山電鉄の展望列車「きらら」にスポットを当てた作品。

 これまでの鉄道前面展望ビデオとは一味違った作品で、叡山電鉄900系「きらら」運転室からの秋の風景を、4KシネカメラのVALICAM LTで撮影。出町柳駅から鞍馬駅までの昼、夜それぞれの前面展望映像を収録。

 撮影された季節はもみじが色づき、秋が深まる11月中旬。市原駅から二ノ瀬駅間の通称「もみじのトンネル」が見どころで、列車は速度を落としながら、約250mの区間をゆっくりと走行。映し出される高精細な画像がで季節感が楽しめ、「手の届きそうな近さから幾重にも重なるさまざまな紅葉のグラデーションの美しさに癒される」という。

 夜の展望では、秋の夜空を彩る紅葉がライトアップ。きらびやかで幻想的な雰囲気になる。「4Kカメラで捉えた展望映像は、変わりゆくもみじの微妙な色彩までをも描写。これまでのブルーレイでは表現できなかった4K HDRならではの臨場感あふれる映像世界を満喫できる」という。

 秋の京都の風景や、春日灯篭に火がともる夜の貴船神社なども収録。映像特典として、春に撮影した青もみじの展望を、見どころを抜粋して収めている。

 本編は79分で、特典は11分を予定。音声はリニアPCM。