◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、無線LAN/非接触充電デジカメ「TX300V」

−スマホやPCに無線で画像転送。GPSロガーにも


サイバーショット「TX300V」

 ソニーは、デジタルカメラ・サイバーショットの新モデルとして、無線LAN機能を内蔵し、ワイヤレスでスマートフォンやPCと接続・転送できる「DSC-TX300V」を3月9日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万円前後。

 また、1月20日に発表した「DSC-WX50」と同様の機能を持ち、液晶をタッチパネルにした「DSC-WX70」も2月17日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は28,000円前後。




■DSC-TX300V

表面は鏡面仕上げ

 裏面照射型で、1/2.3型、有効1,820万画素のExmor R CMOSセンサーを搭載したデジタルカメラ。レンズは光学5倍ズーム。35mm換算で26〜130mm(静止画4:3時)、28〜140mm(動画16:9時/手ブレ補正スタンダード)、30〜150mm(動画16:9時/手ブレ補正アクティブ)。全画素超解像技術を使った10倍ズームにも対応。

 AVCHDのフルHD動画も撮影できるほか、水深5mの防水機能(IPX8相当)や、防塵(IPX5相当)/耐低温機能も搭載。GPSも内蔵し、GPSロガーとしても使用できる。

 最大の特徴は、無線LAN機能を本体に内蔵している事。撮影した静止画をスマートフォン、テレビ、PCで再生・保存・共有できる。

 スマートフォンの場合、Android/iOS用に別途無料で提供されるアプリ「PlayMemories Mobile」をスマートフォン側にインストール。TX300Vのメニューから「スマートフォン転送」を選ぶと、無線LANを使ってスマホと接続。スマートフォンの「PlayMemories Mobile」から、デジタルカメラに保存された静止画を一覧表示でき、任意の写真を選び、スマートフォンにコピーできる。

 スマートフォン側では、FacebookやTwitterなどのSNSへ写真を投稿したり、メールに添付して送付するといった事が可能。なお、コピーできるのは静止画のみで、動画は非対応。また、静止画も自動的に200万画素、もしくはVGAに変換され、コピーされる。変換解像度はユーザーが設定可能。

 専用アプリをダウンロードした液晶テレビ「BRAVIA」からも表示が可能。この場合も静止画のみで、200万画素に変換される。

Android端末に「PlayMemories Mobile」をインストール アプリからデジカメへ接続 「PlayMemories Mobile」からデジカメの中を閲覧。コピーしたい静止画を選ぶ コピーした画像を、SNSに投稿する事もできる

テレビと連携しているところ スマートフォンからデジカメの撮影動画を選択・コピー PCへの転送も無線で行なえる


その日撮影した画像だけを送るといった事も可能

 PCへの撮影データ保存も無線LANで可能。PC用ソフト「PlayMemories Home」を使うもので、差分データをPCに保存できる。また、「今日撮影したデータを保存する」といった事も可能。さらにTX300Vは非接触充電にも対応しており、充電台(マルチステーション UC-TH)も付属。この充電台に置いて充電を開始すると、PCに撮影データを保存するという事も可能。なお、PCの保存時は静止画だけでなく、動画も保存できる。また、静止画も200万画素に変換されず、そのままPCに保存できる。

 なお、非接触充電は独自規格となっており、「Qi(チー)」などには非対応。付属のマルチステーション UC-THとの組み合わせのみを想定している。

 また、TransferJet機能を本体に内蔵。同じくTransferJet機能を内蔵したPCなどに近付けることで、ストレージとして認識され、撮影データの転送などが行なえる。なお、本体にTransferJet機能を内蔵しているため、メモリーカードを問わずに機能が使える。


背面のメニュー画面。撮影データをPCに無線LAN経由で送信するためのボタンが用意されている 同梱の充電台の上に本体を置けば、非接触で充電が可能

 メモリーカードはメモリースティックMicro、microSDカードに対応する。モニタは3.3型のエクストラファイン有機ELで、123万画素相当。

DSC-TX300V

 デジカメ機能としては、画像処理エンジン「BIONZ」のノイズ処理能力を向上。最高でISO 12800での撮影が可能になり、「プレミアムおまかせオート」モードでも利用可能。暗い場面でもカメラ任せで、ノイズを抑えた写真が撮影できるという。

 また、ISO 6400以上で有効になる機能として、撮影時に画素加算で撮影してノイズを低減すると共に、複数枚撮影を行なったデータを重ね合わせることで、さらにノイズを抑えた撮影を実現。さらに、1,820万画素のCMOSで、4つの画素を1つの画素として使った画素加算を行なう場合、撮影データの解像度は1/4の450万画素になるが、450万画素で撮影されたデータに全画素超解像処理をかけ、画素復元を行ない、1,820万画素で保存する事が可能。

 AFも高速化しており、明るいところでは0.1秒、暗いところでも0.2秒の高速AFが可能という。

 動画はAVCHDの1080/60pまでサポート。MP4でも撮影できる。撮影モードは「28M PS」(1,920×1,080/60p)、「24M FX」、「17M FH」(1,920×1,080/60i)、「9M HQ」(1,440×1,080/60i)、MP4は「12M」(1,440×1,080/30fps)、「6M」(1,280×720/30fps)、「3M VGA」(640×480/30fps)から選択可能。

 動画撮影時、強力な手ブレ補正を行なうアクティブモードにも対応。ワイド側は光学式、テレ側は光学式と電子式の補正を併用する事で、従来よりもより強固にブレを補正。ズームしたまま被写体を探すような場合でも、ブレが少ないため、被写体をとらえやすいという。

 スイングパノラマ撮影も可能で、顔検出や動きに対応。3D静止画を撮影する「3Dスイングパノラマ」にも対応する。トイカメラ風やパートカラー、ミニチュアなどが選択できる、ピクチャーエフェクト機能も搭載。従来モデルは7種類だったが、新たに「水彩画調」、「イラスト調」を追加した。「マイフォトスタイル」機能も備えている。

 GPSも備えており、撮影位置を記録するだけでなく、GPSロガー機能も搭載。一定間隔で位置情報を記録していくもので、記録を書き出し、Google Mapで読み込む事もできる。

 本体には出力として、HDMIマイクロ端子を装備。外形寸法は58.3×95.5×16mm(縦×横×厚さ)。重量は、本体のみで約119g、バッテリやメモリーカードを含めて約134g。



■DSC-WX70

ピンク(P)モデル

 既発表の「DSC-WX50」とほぼ同じ仕様ながら、タッチパネルの液晶を備えた製品。カラーはシルバー(S)、ブラック(B)、ホワイト(W)、ピンク(P)、バイオレット(V)を用意する。

 1/2.3型、有効1,620万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載。画像処理エンジン「BIONZ」を採用し、信号処理技術を進化させる事で、ISO 12800での撮影にも対応。プレミアムおまかせオートモードで利用できる。


WX70のバイオレットモデル WX70の背面 カラーバリエーション

 液晶モニタは3型(WX50は2.7型)で、約92万画素相当。HDMIミニ端子も備え、TransferJetやEye-fiに対応したメモリーカードも使用可能。記録メディアはメモリースティック デュオとSDカードに対応する。

 レンズは光学5倍ズームのカールツァイス バリオ・テッサーで、35mm換算の焦点距離は25〜125mm(静止画4:3時)、29〜145mm(動画16:9時/手ブレ補正スタンダード)、30〜150mm(動画16:9時/手ブレ補正アクティブ)。全画素超解像を使った電子ズームと組み合わせる事で、10倍ズームも可能。光学式手ぶれ補正も備えている。

 動画はAVCHD形式で、1080/60iで撮影が可能。MP4録画にも対応する。動画撮影時の手ブレ補正は光学と電子式の併用で、アクティブモードに対応する。撮影モードは24M FX/17M FH(1,920×1,080/60i)、9M HQ(1,440×1,080/60i)、MP4:12M(1,440×1,080/30fps)、6M(1,280×720/30fps)、3M VGA(640×480/30fps)を用意する。

 トイカメラ風やパートカラー、ミニチュアなどが選択できる、ピクチャーエフェクト機能も搭載。従来モデルは7種類だったが、新たに「水彩画調」、「イラスト調」を追加。合計9種類となる。

 スイングパノラマ撮影も可能で、顔検出や動きに対応。3D静止画を撮影する「3Dスイングパノラマ」にも対応する。

 外形寸法は52×92.2×19.1mm(縦×横×厚さ)。重量は、本体のみで約98g、バッテリやメモリーカードを含めて約114g。

アクセサリも新たに発売される。写真はWX70で使えるソフトキャリングケースの「LCS-WM」(3,255円)。取り出しが楽に行なえるのが特徴。2月17日発売 TX300Vに対応したソフトキャリングケース「LCS-THT」(4,410円)。本革製ケースで、同色のストラップが付属。シックなレッドの裏地が特徴。3月9日発売


(2012年 1月 30日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]