ニュース

ボーズ、新時代ノイズキャンセルヘッドフォン「HEADPHONES 700」。完全ワイヤレスも

ボーズは、ワイヤレスヘッドフォン新モデル「BOSE NOICE CANCELLING HEADPHONES 700 」を9月中旬に発売する。価格は42,500円。8月29日より予約を受け付ける。カラーはトリプルブラックとラックスシルバーの2色で、発売日はトリプルブラックが9月12日、ラックスシルバーが9月19日。

BOSE NOICE CANCELLING HEADPHONES 700

さらに、コンパクトな完全ワイヤレスイヤフォン「BOSE EARBUDS 500」と、完全ワイヤレスでノイズキャンセリングにも対応した「NOISE CACELLING EARBUDS 700」を2020年に発売することも明らかにした。

BOSE NOICE CANCELLING HEADPHONES 700の装着例

HEADPHONES 700は、既存のQuietComfort 35 IIとともにアラウンドイヤー型のヘッドフォンとしてラインナップに追加。“新時代のワイヤレスヘッドフォン”と位置付けている。進化したノイズキャンセリング機能を備えるほか、GoogleアシスタントやAlexaも搭載し、様々な音声操作が可能。Alexaは話しかけるだけで起動できる。

独自技術により、ユーザーの声を周囲の不要なノイズから分離。周囲のにぎやかな会話やラッシュアワーの人混み、地下鉄のホームの喧騒の中でも、自宅や勤務先とのクリアな通話が行なえ、音声アシスタント利用時も正確なレスポンスが得られるという。

トリプルブラック
ラックスシルバー

新たなアコースティック/エレクトロニクス技術や、新しいデジタル信号処理技術、マイク6基で構成する新たなシステムを統合し、ゼロから設計。6基のマイクがノイズを大幅にキャンセルし、ユーザーの耳にノイズが届かないようにするという。2基のマイクは別の2基と組み合わせて音声ピックアップ性能を改善。ビームフォームアレイによってユーザーの音声を分離、他に聞こえてくる音を抑えるほか、リジェクションアレイにより「コーヒー豆を挽くグラインダーの音や周囲の会話など、周囲のサウンドをトラッキングして遮断する」という。

この機能は、ユーザーが振り向くなどの動作と周囲の環境の変化に合わせてリアルタイムに動作。音声アシスタントの種類、接続するモバイル端末や相手の電話の種類、モバイル端末とヘッドフォンの組み合わせを問わず有効。どこからでも利用でき、他者に話すときも機器に対して話すときも機能するという。

音声通話やビデオ通話では、背後のテレビの音や隣の人の声ではなく、ユーザー本人が話す内容を聞き取って相手に伝えることが可能。ボイスメールの場合は、周囲の雑音ではなくユーザー本人の声が録音されるという。

SiriやGoogleアシスタント、Alexaと連携し、道順をたずねたり、プレイリストのリクエスト、メッセージやメール、自宅アラームのオン/オフ切り替えなどが可能。

ノイズキャンセリング技術で効果的にノイズを低減し、同社の電子回路技術の進化により、従来のヘッドフォンで生じていたヒスノイズを除去。「新たな可変ノイズキャンセリング機能が実現する」としている。

ノイズキャンセリングレベルを最小に設定すると、周囲の音を聞こえる状態となり、1つのスイッチでユーザー自身の声や周囲の人の声や音が、ヘッドフォンを装着していないかのように聞こえるという。「会話モード」では、コンテンツを楽しんでいる時も同様に周囲を認識でき、再生中のコンテンツとノイズキャンセリングを一時停止して、周囲の人と会話をしたり、駅や空港などのアナウンスを聞くことが可能。いつでも停止したところから再開できる。

独自のアクティブEQも搭載。聴き疲れを引き起こす低音やボーカル、高音を調整し、原音に忠実な、クリアで自然に、バランスの取れたサウンドを再生可能としている。

着信/終話、ミュート、音量調整、音楽の一時停止、曲送りなどの一般的な操作はタッチセンサーで行なえる。本体には電源ボタン、ノイズキャンセリングレベルの切り替え用、音声アシスタント用の3つのボタンを搭載する。さらに、アプリを使用して設定のカスタマイズやソフトウェアのアップデートなども可能。

タッチ操作に対応

オーディオによる拡張現実プラットフォーム「Bose AR」にも対応。モバイルアプリと連携し、現在地や向いている方向に基づいた現実世界にオーディオを追加した、新しい体験を提供するという。そのほか、ノイズキャンセリングによる静寂さに心地よい音のレイヤーを加えてリラックスや集中向けのノイズマスキングトラックを含めた機能も今後追加予定としている。

高級感のあるステンレススチールなどを採用し、継ぎ目や接合部を最小限に抑制。ヘッドバンド全体に重さを分散させることで快適な装着感を実現し、バッテリー寿命も最長 20時間を実現した。本体はハウジングを回転させて折りたたみも可能。薄型のハードケースも付属する。