ニュース

CHORD、次世代ステレオパワーアンプ「Ultima 5」、「Ultima 6」

Ultima 5

タイムロードは、CHORD Electronicsの新製品として、ステレオパワーアンプ「Ultima 5(アルティマ 5)」と「Ultima 6(アルティマ 6)」を5月中旬に発売する。価格はUltima 5が170万円、Ultima 6が110万円。

Ultima 5は、同社のアンプの決定版ともいえる「SPM 1200 MK II」の後継機として開発。Ultima 6は、CHORDの次世代のアンプであるULTIMAファミリーの中で“ベースグレード”の製品として、「SPM 1050 MK II」をベースに、次世代ULTIMAアンプテクノロジーを追加して作られた。Ultima 6は、「フラッグシップモデルと同じDNAを持ちながらも、出力を下げることでより実用的で手頃な価格を実現した」とする。

Ultima 6

Ultima 5には、ステレオパワーアンプ「Etude」で初搭載された高速アンプテクノロジー「デュアル・フィードフォワード・エラー補正技術」を採用。「超高速でパワフルなパフォーマンスを実現し、独自の超高周波電源(SMPS)との組み合わせにより、非常に高いピーク出力電流(ダイナミックなピークを発生させる速度)を実現した」という。

さらに、独自のラテラル構造デュアルダイMOSFETを採用した低歪みアンプ回路を搭載し、「ラウドスピーカーの負荷を難なくクリアかつ正確に駆動できる」とする。なお、Utima 5には独自開発のMOSFETを64個搭載。厳選した特注のパワーデバイスを用いている。

Ultima 5の天面

Ultima 6には、「デュアルフィードフォワードテクノロジー」を採用。「雷のように速いレスポンスとスピーカーを軽々とドライブするパワーを提供し、他の追随を許さないパフォーマンスを実現する」という。

32個の独自開発のMOSFETを搭載し、300ボルト/マイクロ秒という超高速で動作する超低歪高電圧アンプを搭載。さらに、TO3スタイルのラテラル構造デュアルダイMOSFETは、出力段のエラー訂正回路によって連続的に監視され、DCトラッキングサーボと完全温度補償機能を備えたフルバランスの入力回路を搭載している。

Ultima 5の出力は300W RMS per channel @ 0.005% distortion into 8Ω。周波数応答は-1dB(0.5Hz ‒ 100kHz)。THDは0.005%

Ultima 6の出力は180W RMS per channel @ 0.005% distortion into 8Ω。周波数応答は1dB(0.5Hz ‒ 100kHz)。THDは0.005%。

外形寸法と重量は共通で、480×360×180mm(幅×奥行き×高さ)で、22.4kg。

Ultima 5の背面
Ultima 6の背面