ニュース

JH Audio「ROXANNE」をAK240に最適化したイヤフォン「AKR03」

ジェリーハービー氏がチューニング。約17万円

AK240に最適化した「Astell&Kern AKR03」

 アユートは、ハイレゾオーディオ「iriver Astell&Kern」のオーディオプレーヤー「AK240」用にオリジナルチューニングを施したJH Audio製イヤフォン「Astell&Kern AKR03」を5月10日より発売する。直販価格は169,800円で、iriver直販eストアの「アキハバラe市場」とフジヤエービック、eイヤホンで販売する。

 20年以上カスタムイヤーモニターを作り続け、カスタムイヤモニターの神様とも言われるJH Audioのジェリー・ハービー氏が、同社のユニーバーサル(市販)モデル「ROXANNE(ロクサーヌ)」をベースにAK240用にチューニングしたのが「AKR03」。AK240の周波数特性や出力インピーダンス、音色を考慮し、AK240に最適化してチューニングを行なっているという。

 フェイスプレートにカーボン素材を採用し、R側にはROXANNEのロゴ、L側にはAstell&Kernの「A」ロゴをプリント。内部の機構はSoundrIVeと名付けられた独自のミニ・クワッドドライバを採用。低域×4、中域×4、高域×4の3ウェイで合計12のバランスド・アーマチュア(BA)ドライバを搭載し、独自技術「FreqPhase」により、各周波数帯域の位相を正確に制御する。

 再生周波数特性は10Hz〜23kHz。入力感度は119dB/1mW、インピーダンスは15Ω。遮音性は-26dB。入力はステレオミニ。

 標準同梱の3.5mmイヤフォンケーブルのほか、AK240用2.5mm4極バランスケーブルを付属しており、AK240の特長の一つであるバランス駆動を楽しむことが可能。コネクタ側は独自の4pin端子を採用する。両ケーブルともに、ユーザーが好みに合わせて低域を調整できる機構も備える。

 イヤーチップやアルミ製のキャリングケース、ミニドライバなどが付属。5月10日、11日に開催される「春のヘッドホン祭 2014」にも出展する。

R側にはROXANNEのロゴ、L側にはAstell&Kernの「A」ロゴをプリント
キャリングケース

(臼田勤哉)