ニュース

シャープ、「水曜どうでしょう」ディレクターが喋るネックスピーカー

「AQUOSサウンドパートナー」と「水曜どうでしょう」のコラボレーションモデル

シャープは、ウェアラブルネックスピーカー「AQUOSサウンドパートナー(型番:AN-SS2)」と北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」のコラボレーションモデルを、HTBオンラインショップで8月18日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は22,000円。予約は7月21日の0時から受け付ける。番組の藤村忠寿ディレクター、嬉野雅道ディレクターによる音声ガイドを楽しめるのが特徴。

ベースのAN-SS2は、首に掛けて装着し、周囲の音を遮ることなくワイヤレスでテレビの音声やスマートフォンの音楽を耳元で聴くことができるネックスピーカー。マイクも搭載しており、ハンズフリー通話やビデオ会議にも利用できる。付属のBluetooth送信機を使えば、テレビの音をネックスピーカーから再生できる。

今回のコラボレーションモデルでは、電源投入時など操作に合わせた音声案内(音声ガイド)を、藤村、嬉野ディレクターの声で収録しており、「どうでしょう軍団の一員になったかのようにD陣ふたりの声が耳元で聞こえる」という。

音声ガイドとしては、電源を入れたときに「ささっ!電源が入りましたよ!」、ペアリング準備時には「さささささっ、ペアリングの接続、キュー!」といった声が流れるほか、通常モデルでは電子音のみが流れるような状況にも音声ガイダンスを追加。音量設定最大時(通常は電子音「ピ」)は「もう、最大だって!もう、無理だって!」といった文言が流れる。電源オフ時など、特定の場合ではランダムで流れる音声が変わる。これらを含めた音声ガイダンスのバリエーションは全26種類。

オリジナル仕様のパッケージ

ネックスピーカー本体やBluetooth送信機には「水曜どうでしょう」のロゴがあしらわれるほか、パッケージも番組ロゴをあしらったオリジナル仕様。さらに特製のポストカードも同梱される。

藤村ディレクターは「藩士(水曜どうでしょうファンの総称)の皆さまなら身悶えるような快感を得られることでしょう。だって、大泉さんやミスターさんがいつも聞いているディレクションの声があなたの耳元で聞こえるんだから。つまりはこれを装着すればあなたもどうでしょう軍団の一員ということです」とコメント。

嬉野ディレクターも「心地よい声で誘導しようとする音声ガイダンスに日頃から疑問を持たれているあなた。おられましたらすぐにお求めください。あなただけの愛蔵物として、どうぞ家族にも知人にも秘匿されますようオススメします。さぁ買いましょう」としている。

AN-SS2は重さ88gと軽量ながら、約16時間の長時間連続再生が可能。Bluetooth5.0に準拠し、コーデックはSBC、AAC、aptX、aptX LL(Low Latency)を、プロファイルはHSP、HFP、A2DP、AVRCPをサポートする。本体の充電端子はmicroUSB。

本体にはブランドタッチも可能な分かりやすい形状とレイアウトのボタンを装備。IPX4の生活防水仕様で、キッチンなどで濡れた手で操作したり、水しぶきがかかっても安心という。

付属のBluetooth送信機

付属のBluetooth送信機には光デジタル入力と、3極3.5mmのアナログ音声入力端子を装備。充電端子としてmictoUSBも備える。

外形寸法は本体が184×185×18mm(幅×奥行き×高さ)、送信機が60×60×22(幅×奥行き×高さ)。送信機の重さは約40g。オーディオケーブルやmicroUSB充電ケーブルなどが付属する。

藤村忠寿ディレクターからのコメント

どうでしょう藩士にしか売ってはいけない商品ですね。だってこいつは口調が横柄ですから。こんな家電はありません。ただ、藩士の皆さまなら身悶えるような快感を得られることでしょう。だって、大泉さんやミスターさんがいつも聞いているディレクションの声があなたの耳元で聞こえるんだから。つまりはこれを装着すればあなたもどうでしょう軍団の一員ということです。

嬉野雅道ディレクターからのコメント

心地よい声で誘導しようとする音声ガイダンスに日頃から疑問を持たれているあなた。おられましたらすぐにお求めください。この機器の音声ガイダンスは当節はやりのイケボではございません。言葉使いも良くありません。実に聞くに耐えない。失敗したときは多少音声ガイダンスの声が裏返ります。小さいお子さまに聴かせてはなりません。あなただけの愛蔵物として、どうぞ家族にも知人にも秘匿されますようオススメします。さぁ買いましょう。